ワクワク♪する本との出逢い(^▽^*)

本・映画・歌etc~
誰かの、何かのファンになるきっかけって
いろいろだけど・・
益田 ミリさんのエッセイが大好きになったのは
“一人旅への憧れ”がきっかけでした。

画像
  


  たまたま入った書店で
  表紙のタイトルと
  ほのぼの
  としたイラストに
  興味をそそられて
  手にとってみたのがこの本。










学生の頃から憧れていた“一人旅”

子供も社会人になって
自分の時間も持てるようになったし
いつかは実行してみたいと思いつつ

一人で計画、手配を整えなきゃいけないしなぁ~
こんなはずじゃなかった・・
なんて結果になった時
一人ぽっちじゃ寂しいしなぁ~

と、始めの一歩をなかなか
踏み出せないでいた私の肩を押してくれた本です。

読んでいて
心に深く残った言葉・・
  
  ≪旅は学びたまえと
  主張せず
  ただポンと
  わたしの前に
  置かれるだけ

  ふわふわと
  自分の心と
  話せる
  自由時間である≫


この文章と出会って
目からウロコが落ち
“旅”に対してふっと肩の力が抜けました。

何かを学ばなくっちゃ
名所へは必ず立寄らなくっちゃ
名物料理はぜひ食べなくっちゃ
意味のある時間にしなくっちゃ

旅に出かける前には
荷物以外にも
気持の上でも色んな物を背負ってしまいがち

それが楽しみである反面
旅の準備段階ですでに息切れしてしまったり
期待しすぎて事前にチェックした通りの
光景や味に出会えないと
ドド~~~ンと落ち込んでしまったり



でも
もっと気楽で良いんだよね!

思ったとおりの旅じゃなかった・・としても
特別なものが何もなかったからこそ
まったり、のんびりとした時間に
出会えるんだし

アレコレ考える前に
まずは出かけてみよう~~
と一気に一人旅実現計画に向かってGO!

家族と、友人と、わんこと・・
どんな旅も楽しいものだけれど

画像
  ある時は
  鉄子さんになって
  憧れの列車
  飛び乗って~♪
  
  (リゾートみのりで
   鳴子へ)







画像
ある時は
歴女になって
歴史上のヒーローを
追いかけて~♪

(仙台で
伊達政宗の
勇姿ににホレボレ)






一人歩き&旅の楽しさは
その時々で
なりたい自分に
素直になれること

一昨年、実の父が亡くなって以降
引越し、大地震、義父の闘病、別れ、わんことの生活と
立て続けに色んな出来事があって
しばし封印していたけれど

久し振りにこの本を読み返して
一人歩き&旅への思いがムクムクと

“ゲッ
神出鬼没オバサン復活かよ”って言われそうなので
家族には言ってませんが~~